花粉症などのアレルギー性鼻炎はアレロックがおすすめ

今や、日本人の25%が花粉症に悩んでいると言われています。
鼻水やくしゃみ、目のかゆみが代表的な症状で、アレルギー性鼻炎に苦しんでいる人も多いでしょう。

そのようなとき、効果的な薬としてアレロックがあります。
アレロックは、鼻水を止めるための薬ではありません。
花粉症のアレルギー反応が起こる際には、ヒスタミンという体内の物質が関与しています。
アレロックは、ヒスタミンの受容体をブロックすることで、アレルギー性鼻炎を緩和することができます。
ですから、花粉症以外にもアレルギーが原因の蕁麻疹や発疹にも使われています。

薬は1日に2回、水なしでも飲むことができる、口腔内崩壊錠と呼ばれる錠剤です。
比較的即効性のある薬ですが、効果が出るまでに数日かかる場合があります。
また、錠剤がのどに引っかかってしまったり、子供で錠剤をのめない場合には粉薬も用意されています。

アレロックの副作用は、口の中の乾き、眠気、身体のだるさ、頭痛といったものがあります。
アレロック特有の副作用というわけではなく、ヒスタミンをブロックするための薬が持つ副作用と言えるでしょう。
このような作用が出たら、医師や薬剤師に相談して、服用を継続するかを決めましょう。

アレロックが花粉症に効果を発揮するための作用機序を説明する前に、アレルギーについて知る必要があります。
アレルギーは、本来免疫として体を守るために備わっています。
しかし、花粉などのアレルギーを引き起こす物質が体内に入ると、ヒスタミンという体内物質が免疫細胞から放出されます。

ヒスタミンはヒスタミン受容体と結びつくことで、血圧を低下させたり、鼻水などの分泌物を促進させます。
体を守るための作用ですが、こうして、花粉症の症状である鼻水が出るというような症状がでます。
そこで、アレロックはヒスタミン受容体を阻害することで、アレルギー反応が起こらないようにします。

アレルギー反応を抑えられるというのは、花粉症にとって大きなメリットになるのですが、ヒスタミン受容体は脳にも存在するため、阻害されることで頭痛などの副作用があらわれてしまいます。
ヒスタミンを阻害する薬の副作用は、この作用機序によって引き起こされます。
アレロックは、従来のヒスタミンをブロックする薬よりは副作用が弱いという特徴があります。
ただ、まったく副作用が起こらないというわけではないので、飲んでからいつもと異なる症状が出る場合は医師に相談しましょう。