ユーカリでのアレルギーとアレルゲンについて

植物からとれたエッセンシャルオイルを利用するアロマテラピーなどは人気です。
エッセンシャルオイルの中にもアレルギーを発症してしまう可能性のある植物が使われていることもあるため注意が必要です。

アレルギーを発症してしまうものとしては、ユーカリがあります。
ユーカリはフトモモ科ユーカリ属の木でオーストラリアが原産です。
強力なエッセンシャルオイルでアレルゲンを含んでおり、肌に合わなければ皮膚の赤みや腫れ、かゆみなどが出てきてしまうのです。
マッサージオイルやアロマテラピーなどに使う際には、きちんとパッチテストを行なって肌に問題が無いかを調べてから利用することが安全にエッセンシャルオイルを使う方法となります。
赤みやかゆみなどの問題が出た場合には使用をすぐに中止することをおすすめします。

しかし、ユーカリはさまざまな効果があるためユーカリ自体にアレルギーが無い場合には積極的に利用していきたいエッセンシャルオイルです。
ユーカリのエッセンシャルオイルの成分には粘膜を抑制する働きと過剰な粘液を排出する効果があるため風邪や鼻づまり、インフルエンザなどのほか、花粉症にも効果的です。
抗菌抗ウイルス効果も高いためハウスダストによる空気の汚れなどにも有効とされています。

また、アレルギー性鼻炎や喘息、アトピー性皮膚炎などの原因といわれているヒョウヒダニの忌避効果も優れています。
水に数滴垂らして寝具や服にスプレーしたり服を洗うときに洗剤に混ぜて使うことが効果的だとされています。
アレルギー反応を起こしてしまう可能性があるため使用する際には少量で行なうことが重要です。
また、肌が弱い人や目の回りに使用するときには注意が必要となります。