コンタック鼻炎Z:セチリジン塩酸塩の効果は?

コンタック鼻炎Zは、花粉症やハウスダストによる鼻水や鼻づまりなどの症状を抑えるお薬です。
有効成分として、抗ヒスタミン薬であるセチリジン塩酸塩が10mg配合されています。
コンタック鼻炎Zは、ジルテックという商品名で市販されていたものと同じ成分の薬剤です。

花粉症やアレルギー症状に効果のある抗ヒスタミン薬としては、現在第一世代のものと第二世代のものがあり、セチリジン塩酸塩は副作用がより少ない第二世代の抗ヒスタミン薬となっています。
第二世代の抗ヒスタミン薬を含む薬としては、コンタック鼻炎Zのほかにアレグラという薬なども市販されていまが、こちらは有効成分としてフェキソフェナジン塩酸塩が配合されたものになります。

セチリジン塩酸塩やフェキソフェナジン塩酸塩は、身体のなかでアレルギーを起こす物質であるヒスタミンの受容体に働いて、アレルギーを起こしにくくするという作用を持っています。
花粉症やハウスダストなどが体内に取り込まれると、身体の免疫機能によってヒスタミンという物質が作られます。
セチリジン塩酸塩やフェキソフェナジン塩酸塩はこのヒスタミンの働きを抑制するため、結果としてアレルギー症状が起きにくくなるのです。

第一世代の抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンやクロルフェニラミンは、眠気が強く出るという副作用があり、睡眠導入剤としても使用されることがありました。
しかし、コンタック鼻炎Zやアレグラなどではこの副作用がより抑えられ、安全性の高いものになっています。

用法と副作用

コンタック鼻炎Zやジルテックは副作用の少ない薬です。
しかし、使用する場合には用法や用量などを守って正しく使う必要があります。
15歳未満の子供は、コンタック鼻炎Zを服用することはできません。

セチリジン塩酸塩を含むコンタック鼻炎Zの使用方法としては、1日に1回寝る前に服用すれば良いということになっています。
同じ第二世代の高ヒスタミン薬であるアレグラの場合には、1日に2回朝と夜に服用しなくてはいけません。
しかし、コンタック鼻炎Zはアレグラと比べると有効成分であるセチリジン塩酸塩による効果の持続時間が長いため、1日に1回だけの服用で十分な結果を得ることができます。

コンタック鼻炎Zのよく知られている副作用としては、眠気やだるさ、倦怠感などがあります。
これは、有効成分であるセチリジン塩酸塩が脳の中枢神経に働いて鎮静作用を示すためです。
そのため、服用後に自動車を運転するなど危険を伴う行為は避ける必要があります。
しかし、第一世代の高ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンやクロルフェニラミンに比べると副作用の程度は低く、感じられる眠気や倦怠感なども弱いものとなっています。

そのほかの副作用としては、喉の渇きや食欲不振などを引き起こすこともあります。
稀に手足がしびれたり、めまいや震えなどを起こしたりする場合もあるので、体調が良くない人は服用する際に注意が必要です。
また、重い腎臓病を患っている人はこの薬を飲むことができません。